暑い夏にはうちわで販促!評判のオリジナルうちわ印刷業者まとめ

Home > オリジナルうちわ印刷 > オリジナルうちわを作る際のポイント

オリジナルうちわを作る際のポイント

学校や職場、あるいはプライベートなイベントなどで、オリジナルうちわを作ることがあるかもしれません。
その際には、次のようなポイントを把握しておくと良いでしょう。
まず第一に、どの業者に制作を依頼するか、事前に複数の業者から見積もりを取るなど、準備をすることが望ましいと考えます。
その際には、自分たちがどのようなうちわを作りたいのか、デザインや個数など可能な限り具体化しておくと話がスムーズかもしれません。
また、どのようなオリジナルうちわがあるのか、実際に見てみることも、自分たちに適したうちわ制作をするために、大切なポイントのひとつになると考えられます。
以上のようなポイントを把握しながら、オリジナルうちわを制作すると良いのではないかと考えます。
うちわを制作するプロセスも含め楽しむことも大切になると考えます。



オリジナルうちわの製作は、気軽にできる場合が多い

オリジナルうちわは、意外と簡単に制作できるようになってきています。
真っ白なうちわを購入して、自分で絵などを描く方法もありますが、別の方法は、ネット等で検索してオリジナル製品の製作会社を見つけ、さっと作ってもらうという方法もあります。
オリジナル制作会社のほうの作成は大体が規制の製品を途中まで作成してあり、自分の好みの柄や画像を付けてもらう、という手法が多い場合があります。
会社によっては本当に選択範囲やレパートリーが多く、まるで一から自分で製作したかの如くの完成度を誇る作品を制作してくれるところもあります。
大量に製作するとお得な場合も多く、団体対応可能なシステムも多く存在しているという特徴があります。
一度作成を依頼すると、後はほとんど手続きに戸惑うことなくスムーズにとりおこなうことができるため、大変人気があります。



オリジナルうちわの種類と料金システム

街中やイベントで配布されることの多いオリジナルうちわは、企業や個人といった立場に関係なく注文可能です。
うちわは実用的なアイテムですので、企業であればノベルティグッズとしての宣伝効果を発揮し、個人の同人活動やサークル用としても利用されています。
うちわは楕円形のシンプルなタイプをイメージしがちですが、オリジナルうちわは印刷だけでなく形も選べる点がポイントです。
特注品は骨の付かない紙タイプであることから、様々な形状のオリジナルうちわが実現します。
例えば、ラーメンどんぶりの形をイメージしたもの、オリジナルキャラクターや文字など様々です。
料金は注文数によって変動するシステムが採用されており、数万部のまとまった注文は半額以下になることも珍しくはありません。
ポイントとして最小単位の確認が挙げられ、100部・1000部といったように業者ごとに設定が異なります。